1. トップ
  2. 「スゴ腕」シリーズ
  3. ポイントマネージャー
  4. ポイントマネージャー 顧客管理


顧客台帳

顧客の入力・検索・買上履歴がおこなえます。



◆顧客台帳 基本入力項目
NO、性別、担当者、登録日、店舗、顧客区分、生年月日、フリガナ、氏名、所属カナ、所属、宛名カナ、宛名、郵便番号、住所地区、TEL、TEL2、FAX、
データ項目@1〜5、A1〜5、DMチェック欄(7項目)、結婚記念日、家族構成、メモ

@台帳検索(名前、カナ、生年月日、TEL 組み合わせ可)
A台帳印刷

◆ポイントカード再発行・ポイントカード名前記名印字(カードリーダ接続時のみ)



◆カードリーダ装置とポイントマネージャーを接続した状態でカード挿入すると、その方の買い上げ履歴表示する事ができます。



RFM検索

R:経過月数、F:回数、M:金額それぞれの数値を設定し検索がおこなえます。



◆R、F、Mそれぞれ指定した結果と3つの条件を満たす結果を表示できます(設定値は自由に変更可能)。
さらに回数と金額の検索は、日付指定により指定期間内での検索もおこなえ、
一覧表示(印刷)する際には、顧客番号、郵便番号、最終利用日、回数、金額の結果数値での並び替えと人数指定がおこなえます。

例)上位買い上げ金額リスト、上位利用回数リスト・・・などが作成できます。

◆RFMの考え方
RFMの利用目的は優良顧客の判定であり、顧客数が増加した場合、全ての顧客に同じようなアプローチをかけるのは非効率なので、
フォローすべき顧客だけを絞り込んでいくために利用します。
つまり、最新買上日が近い方が購入するチャンスが高く、購買頻度の高い方も購入するチャンスが高くなっていると言えます。
従って、RFMポイントの高い顧客に重点的にプロモーションをかければ、それだけ売上・利益の増大が実現でき、コストベネフィットが高くなると言えます。



自由検索

広範囲の検索項目(顧客基本属性および買上データ)の中から、任意の数項目に検索条件を入力し、それに該当する顧客を抽出します。
(該当顧客へのDM宛名ラベルの印刷が出来ます。)




◆自由検索基本
顧客の属性(顧客台帳)をもとにした検索がおこなえます。

◆自由検索買上
買上のデータ(ポイントカード利用データ)をもとにした検索がおこなえます。

◆「RFM検索」による検索結果をもとにした検索を行うことも出来ます。(逆も可能)





日計表

ポイントカードのデータを処理した内容ごとに一覧表示します。





DM管理

RFM・自由検索で検索した検索条件・結果を保存できます。



再度、同じ方にリストやDMを出す場合やDM発送後、来店されたかなどをこのデータを使い検索がおこなえます。



検索データメール配信(オプション機能)

RFM/自由検索などで検索されたデータ(メールアドレス)へ、メール配信します。